メールの返事がこない時は要注意!復縁したい時やってはいけないこととは?

復縁したいならやめた方がいいこと

あなたが良いと思ってやっている復縁方法は、彼にとっては迷惑行為かもしれません。それに気づかずにやり続けると、今までの苦労も水の泡になってしまいます。
反対に、迷惑行為と思われることをしなければ復縁のチャンスが広がることも可能です。
どんなことが彼にとって嫌なことなのか、復縁したいならやってはいけないことを紹介します。

 

 

しつこいメール攻撃

別れてからも毎日のように彼にメールをしてませんか?
「会いたい」「やり直したい」「悪いとこがあったら全部直すから」といったメールは彼にとって迷惑行為そのもの。
絶対にしないほうがいいです。

 

もしあなたが振った男性から、毎日のようにそんなメールが来たらどう思いますか?決して嬉しくはないですよね?
うっとうしくなってメール受信拒否をされる前に、相手にとっては迷惑なんだということに気づきましょう。

 

そもそも、相手から返事がこないということは迷惑だということ。
1通だけ送ってみて返事が来なければそれで諦めて、しつこくメールを送り続けるのはやめましょう。

 

 

ストーカーにならないで

別れても相手のことがまだ好きだと、どうしても気になってしまうのは仕方ないことだと思います。
でも、絶対にストーキングはしてはいけません。

 

ストーカーといえば、直接会いに行ったりどこかで待ちぶせしたり…といった行為を思い出しますが、最近はネット上でのストーキング行為も問題になっています。
相手が最近どうしているか気になって、相手の日記を毎日チェックしてしまう。

 

相手に知られなければ問題ないかもしれませんが、もし相手に気づかれてしまったら、きっと気持ち悪い、怖いと思われてしまうでしょう。
そんな風に思われてしまうと、復縁のチャンスどころか今まで以上に避けられてしまいますので、やりすぎのストーキング行為には注意しましょう。

 

 

悲劇のヒロインにはならないで

失恋した女性の中には、相手の気持を引きとめようと「別れるならもう死んだほうがいい」「あなたがいないと生きていても仕方ない」などと相手を脅して、自傷行為をしようとする人がいます。
そんな悲劇のヒロインを演じても、相手の気持は戻りません。

 

自分がみじめになるだけだし、誰も幸せにはなりませんよ。

 

 

おわりに

ご紹介したことは、どれも失恋した時に誰もがやってしまいがちな行動です。
もうそれらの行動をしてしまったという人も、今、やってはいけない事だったと気づいただけでも幸いです。

 

これからでも遅くはありませんので、今までの行動を見つめなおし、気持を切り替えてみて下さい。
そして、自分の事しか考えるのではなく、まずは相手の気持を考えて行動するようにしましょう。
そうすればまだ復縁の可能性があるかもしれません。